釣行翌日のヘロヘロ具合が違う。杜仲葉+高麗人参+コラーゲン、日頃の健康維持に!Collagen優芳舞

テンカラ釣行レポート

2020年7月23~25日檜枝岐釣行

キャンプレポート編はこちらから>>>2020年7月23日キリンテ白樺キャンプ場

いつもは週末1泊で檜枝岐通いをしていますが、今回は久々の4連休なので目一杯キャンプ&釣りを楽しもうと思っていましたが、常宿の七入オートキャンプ場は休業でがっくり。で、今回はキリンテ地区のキリンテ白樺キャンプ場をベースに、テンカラ釣りをしてきました。

今回の釣行は、スージーは健康診断がずらせなくて欠席、ボスもいよいよ管理職となり、研修が外せないとの事で欠席で、コースケと二人親子釣行となりました。

7月23日(木)

キリンテのキャンプ場周辺を探る

キャンプ場のタグ
キャンプ場のタグ。七入も昔はあったな。久々に付けました。

早朝出発し、8時半過ぎにキリンテに到着。シトシト雨の降る中テントの設営を済ませると、早速キャンプ場の流れで竿を出してみることにする。
河原に降りるのには降りやすい、かわばたキャンプ場との境辺りから降りると、緩やかなプールの流れでルアーをやっている釣り人がいたので声を掛け、少し下手の対岸から釣り上がっていく。

雨降り&放流魚狙いなので、毛鉤は伝承毛鉤パターンをチョイス。
緩やかなプールの流心に毛鉤を流すと、毛鉤目掛けて魚がライズを繰り返すが毛鉤には掛からず。プール全体をくまなく探ってみる。
プールの中の流木付近で、やっと1匹目がヒット。サイズは20cm程の放流岩魚。写真を撮り、魚籠の中へと魚を入れる。

渓流釣り
その後は、合わせで空中遊泳してしまうようなリリースサイズのチビイワナが数匹。岸際のたるみから出た。
丹念に岸際のたるんだ流れを探っていると、やっと何とかキープできるサイズが釣れた。
さて、写真を撮ろうと胸ポケットに入れたスマホを探すが、見当たらない。
ゲッ!落としてしもた!!

コースケに望みを託す

釣り上がってきたルートを辿って、最初の写真を撮影した場所まで探してみるも、スマホは発見できず。
一旦テントに戻り、コースケに電話をかけてもらうと
「こちらはNTTドコモです。お客様の電話は電源が入っていないか…」これでスマホは水没確定です。
どうやら川の中に落としてしまった模様です。とりあえずスマホは諦め、腹も減ったので昼食に。

コースケが「父さんこれ使えるよ」と、以前使っていたSIM無しスマホを差し出した。そういえば最近iPhoneに替えたんだったね。
これがあれば、水没したスマホからSIMだけ救出すればそのまま使えるではないか!
昼飯を食べ終わったら、コースケがもう一度探してくれることに。
コースケがスマホの捜索をしながら、先ほど釣りをしたルートを竿を片手に辿る。

釣れたのは小さな山女魚
プールでアタックしてきていたのは、チビ山女魚でした。

キリンテの檜枝岐川色が真っ黒のスマホは、川底の石の色と同化して、ただでさえ見つけるのは困難。浅い流れをくまなく探すも、見つかりません。
対岸の流れを探るのに、流心付近まで立ちこんで竿を振っていたので、その時に落としてしまったか…
キリンテ付近の河原でスマホを拾った方がおりましたら、不燃物として処理しておいて頂けると幸いです。

渓流釣りスマホを落としたであろう区間の捜索も空しく、スマホは発見できず。そのまましばらく釣り上がる。
流れのゆるやかな場所に潜むチビイワナをポチポチ釣り、初日の釣りは終了。

テンカラ釣り
本日の釣果
父さん
   釣果:20cm×1 チビ3匹 リリースサイズ多数
   使用毛鉤:ゼンマイ胴秋山郷系伝承毛鉤#14
コースケ
   竿出さず

Menu



Top