キャンプ道具の補修・メンテ

テントポールのゴム交換

テントポール

かれこれ20年前に購入したテント。
シームテープの張替などして今日まで使用していますが、ポールのジョイントのゴムが伸び切って使用に耐えられない状態に・・・
ショックコードを購入してきて、今回交換してみました。

用意した物





amazonでお取り寄せ
  • ショックコード
  • 竹串

作業手順

  1. ショックコードの端を探す。このポールは先端部分のプラスチックの石突部分にあった。
    石突部分
  2. 穴が泥で塞がってしまっていたので、詰まった泥を竹串で取り除く
    泥が詰まっている様子
    竹串で泥を取り除く
  3. 結び目が出てきたので、結び目をほどいてポールを解体。
    出てきた結び目
  4. もう一方の端もただ結びコブで固定されていた。
    反対側の結び目
    分解したポール
  5. 元の順番通りに、ショックコードにパーツを通してゆく。
    パーツをショックコードに通す
  6. 最後まで通し終わったら、結びコブを作って抜けないようにする。
    通し終わり
    結びコブを作る
  7. ポールを組み立て、反対側の端にも結びコブを作って抜けないようにする。
    ショックコードを引っ張り、程良いテンションが掛かる位の所に結びコブを作る。
  8. 完成!
    組み上がり

ショックコード交換後の使用感

今回、ダンロップのダルセットR617のショックコードを交換しました。使用したショックコードはLOGOSのショックコード(2.5mm径)を使いました。ポールが重いので、若干ゴムの張りが甘く感じられます。もう少し太い径のショックコードを使用した方が良かったようです。

Comment

キャンプ関連記事

キャンプの技
焚き火
この投稿を見る>>
キャンプ道具の選び方/バーナー
液体燃料別体式のシングルバーナー この投稿を見る>>
キャンプ道具の選び方/テント
この投稿を見る>>
キャンプ道具の選び方/アウトドアナイフ
安物の五徳ナイフ この投稿を見る>>
ブルーシート活用法
この投稿を見る>>
簡易窯作り
この投稿を見る>>
キャンプ雑記
スノピの焚火台で串焼き魚を焼く(その2)
この投稿を見る>>
キャンプで使いやすいのはダッチオーブン?スキレット?
この投稿を見る>>
スノピの焚火台でスキレットを使う
この投稿を見る>>
キャンプ用にスキレットを入手しました。
シーズニングをした9インチスキレット この投稿を見る>>
スノピの焚火台で串焼き魚を焼く
スノピの焚火台で串焼き魚を焼こうとすると長い串が必要 この投稿を見る>>
永年使っているオピネルのナイフ
30年近く使っているオピネル#8 この投稿を見る>>
キャンプ料理
トライポッドでシュラスコ作り
この投稿を見る>>
イノシシ肉の赤ワイン煮込み
イノシシ肉の赤ワイン煮込み完成 この投稿を見る>>
ビニール袋で炊き込みご飯
この投稿を見る>>
ウィンナーと野菜の柚胡椒蒸し
この投稿を見る>>
ローストチキン&ミネストローネ
この投稿を見る>>
バターロールのホットサンド
この投稿を見る>>
キャンプレポート
2019年10月26日七入オートキャンプ場レポート
七入オートキャンプ場の紅葉 この投稿を見る>>
2017/6/24-七入オートキャンプ場レポート
横川のさとにいたフクロウの子供 この投稿を見る>>
2015/5/4会津美里町山遊び
この投稿を見る>>
– 2013/8/3~8/9 – 七入オートキャンプ場6泊7日キャンプレポート
この投稿を見る>>
– 2012/10/13~14 – 山梨県都留市フィッシュオン鹿留
この投稿を見る>>
– 2012/8/18~8/24 – 七入オートキャンプ場6泊7日キャンプレポート
この投稿を見る>>

Menu



Top