キャンプ料理

岩魚の刺身

渓流釣りに来て、尺オーバーの岩魚が釣れた時の調理は、お刺身が一番。いつでも食べられるように、食材ボックスの中には新品の練りワサビをストックしています。
岩魚の刺身

材料

  • 岩魚(30cm以上)1匹
  • 醤油
  • ワサビ


※天然魚には、生育環境により、人体に害を及ぼす寄生虫が寄生している場合があります。
生食をする際は、自己責任の元で食べて下さい。

作り方?

  1. 岩魚の腹の腔門からナイフを入れ、アゴの下まで腹を裂いていく

    腔門から顎の下まで腹を裂く

  2. 内臓と、エラを外す。胃袋を持って、頭の方に向かって引っ張ると、エラも一緒に取れて来る。

    内臓とエラを外す

  3. 背骨に付いている血合いをナイフを使って綺麗に落とす。血合いの上に、薄い膜があるのでナイフを使って取り除く。

    背骨に付いている血合いを取り除く

  4. 腔門の奥の方の血合いが取れにくいので、ナイフの先端を使い入念に取り除く

    残った血合いを入念に取り除く

  5. エラの際から、くるりと半周包丁を入れて皮に切れ目を入れる

    首周りの皮に切れ目を入れる

  6. 頭をしっかり持って、切れ目を入れた所の皮を持ち、尾の方に向かって引っ張って皮を剥ぐ。ヌルで滑るので気合あるのみ!

    尾に向かって皮を剥ぐ

  7. 指では滑ってどうしようも無い時は、歯で皮を咥えて一気に剥ぐ

    最終手段は、歯!

  8. 丸裸になった岩魚。このあと頭と、尾を切り離します。

    丸裸になった岩魚

  9. 背骨に沿って、包丁を入れておろしていきます。反対側の身も同じ要領でおろします。

    2枚おろし

  10. 3枚におろしたら、お腹周りの骨部分をそぎ落とします。反対側の身も同様にします。

    お腹の小骨をそぎ落とす

  11. あとは、程良い大きさに切りそろえ、器に盛れば完成です。

    程良い大きさに切りそろえる

Comment

キャンプ関連記事

キャンプの技
焚き火
この投稿を見る>>
キャンプ道具の選び方/バーナー
液体燃料別体式のシングルバーナー この投稿を見る>>
キャンプ道具の選び方/テント
この投稿を見る>>
キャンプ道具の選び方/アウトドアナイフ
安物の五徳ナイフ この投稿を見る>>
ブルーシート活用法
この投稿を見る>>
簡易窯作り
この投稿を見る>>
キャンプ道具の補修・メンテ
テントのグランドシートの防水処理
ホワイトベアーのテント防水液 この投稿を見る>>
鉄板の手入れ
鉄板の手入れ この投稿を見る>>
タ-プのシームシーリング
この投稿を見る>>
テントのシームテープ補修
この投稿を見る>>
テントポールのゴム交換
この投稿を見る>>
ランタンのポンプカップ交換
この投稿を見る>>
キャンプ雑記
スノピの焚火台で串焼き魚を焼く(その2)
この投稿を見る>>
キャンプで使いやすいのはダッチオーブン?スキレット?
この投稿を見る>>
スノピの焚火台でスキレットを使う
この投稿を見る>>
キャンプ用にスキレットを入手しました。
シーズニングをした9インチスキレット この投稿を見る>>
スノピの焚火台で串焼き魚を焼く
スノピの焚火台で串焼き魚を焼こうとすると長い串が必要 この投稿を見る>>
永年使っているオピネルのナイフ
30年近く使っているオピネル#8 この投稿を見る>>
キャンプレポート
2019年10月26日七入オートキャンプ場レポート
七入オートキャンプ場の紅葉 この投稿を見る>>
2017/6/24-七入オートキャンプ場レポート
横川のさとにいたフクロウの子供 この投稿を見る>>
2015/5/4会津美里町山遊び
この投稿を見る>>
– 2013/8/3~8/9 – 七入オートキャンプ場6泊7日キャンプレポート
この投稿を見る>>
– 2012/10/13~14 – 山梨県都留市フィッシュオン鹿留
この投稿を見る>>
– 2012/8/18~8/24 – 七入オートキャンプ場6泊7日キャンプレポート
この投稿を見る>>

Menu



Top