テンカラ仕掛け

グリズリーパラシュートの巻き方

Comment : 0

クリームとクジャク胴の和式毛鉤

昔はこのパターンの和式毛鉤を常用していましたが、ハックルを厚く巻くとキャストの最中に毛鉤が回転してしまい、ハリスが撚れてしまって困っていました。

グリズリーパラシュート

そこでハリスの撚れ対策に、和式毛鉤のパターンをパラシュート型に改良したものがこのグリズリーパラシュートです。胴はクリーム色のフライライトとクジャク、ハックルはグリズリーのサドルハックルを使用しています。
パラシュートタイプには通常はネックハックルを使う方が多いようです(水を吸いづらい)が、私は巻きやすさを優先してサドルハックルを使用しています。
サイズは#13~#19のサイズを常備しています。

材料

  • フック:ティムコTMC102Y #15
  • フライライト(ペールオリーブ)
  • スレッド:クリーム8/0
  • サドルハックル(グリズリー)
  • ピーコックハール
  • ポリヤーン(お好みの色)

毛鉤の巻き方作業手順

  1. フックにスレッドを下巻きします。アイの方から鈎先へ巻いていって、戻って胴部分の中央より若干アイ寄りの部分で巻きを止めます。
    グリズリーパラシュート巻き方その1
  2. インジケーター兼ハックルを巻く部分のポリヤーンを取り付けます。
    グリズリーパラシュート巻き方その2
  3. 3回ほどフックに巻き付け固定します。
    グリズリーパラシュート巻き方その3
    固定したら、たすき掛けにしてポリヤーンをしっかりと固定します。
    グリズリーパラシュート巻き方その4
  4. ポリヤーンにスレッドを巻き付けてインジケーター部分を立ち上げます。
    グリズリーパラシュート巻き方その5
    ポリヤーンの固定が甘いと、インジケーターがクルッと回ってしまってスレッドが上手く巻けません
    グリズリーパラシュート巻き方その6
  5. ダビング材をスレッドに撚りつけます
    グリズリーパラシュート巻き方その7
  6. インジケーター部分までのボディーを巻いていきます。
    グリズリーパラシュート巻き方その8
  7. インジケータ部分の付け根にクジャク(ピーコックハール)を取付ます
    グリズリーパラシュート巻き方その9
    取り付けたらダビング材の上にクジャクを巻き付けていきます。胴の部分の3分の1程度巻いたら、インジケーターの根本部分まで巻き戻し、スレッドを巻いて固定します。
    グリズリーパラシュート巻き方その10
    ダビング材をスレッドに撚りつけて、インジケーターよりアイ側のボディーを撚りつけていきます。
    グリズリーパラシュート巻き方その11
    スレッドをインジケーター部分まで巻き戻しておきます
    グリズリーパラシュート巻き方その12
  8. インジケーター部分の根本にスレッドを巻いてハックルを固定します
    グリズリーパラシュート巻き方その13
  9. 3~4回転位インジケーター部分にハックルを巻きます。
    グリズリーパラシュート巻き方その14
  10. ハックルが巻けたら、ハックルを固定します。
    ハックルを下方向に引っ張り、ボディとハックルの間をスレッドで3~4回転巻いて、ハックルを固定します。
    グリズリーパラシュート巻き方その15
  11. スレッドをインジケーター部分からアイまで巻きあげます。
    指でハックルを後方に抑え込んで、アイ~インジケーター部分のハックルをどかして、スレッドをアイまで巻き上げます。
    グリズリーパラシュート巻き方その16
  12. 3回程度ハーフヒッチでアイの根本部分でスレッドを固定します。
    グリズリーパラシュート巻き方その17

  13. スレッド・余分なハックルを切り落とし、インジケーターのポリヤーンを適度な長さで切って完成です
    グリズリーパラシュート

Comment

Menu

Top