テンカラ道具

テンカラ竿

2021/2/15内容を更新しました。

愛用のテンカラ竿

’95~2019

写真左から

  • αBIG High Power Action 30
  • SHIMANO NF AERNOSテンカラRT36
  • Daiwa HZテンカラFS35MV
  • Daiwa HZテンカラTS40MV
  • Daiwa SZテンカラFS35M
  • Daiwa SZテンカラFS40M

’95年頃、テンカラ釣りを始めようとして一番最初に購入した一本目の竿がシマノのエアノステンカラで、初期の3シーズン程はこの竿のみを使っていました。初期に使用していたので使用感は何とも言い難く、現役を離れた後は貸出用&漁港のメバル用などに使用していました。最近になって、息子用のテンカラ竿として復活。飛ばし方をレクチャーする時に竿を振るが、現行モデルと比べても遜色なく使いやすい竿です

2本目に本流域のロングライン用に購入したのがαBIGのハイパワーアクション。ハイパワーアクションは、実際使ってみると、若干柔らかめの5:5調子で、本流域のテンカラ釣りに行かなくなってからは管理釣り場でしか使っていませんが、竿の柔らかさが逆さ毛鉤の誘いに丁度良いようで、大型のトラウトが良く釣れました。

3本目は、ダイワのHZテンカラのFS35を購入。本当は上位モデルのSZが欲しかったが、値段が4万以上するので当時は断念した。使いごごちはその頃は満足していたので、その後ロングライン用にHZのTS40を追加した。しばらく経ってから、ネットオークションで念願のSZテンカラFS35を入手。その後、パーツ取り用も兼ねて追加でFS40をオークションで入手。

HZテンカラをしばらく使っていた後にSZを使ってみると、キャスティングした後の竿の振れの集束が良く、やはり値段が高いだけの事はある。キャスティング感は非常に良く、今現在ではSZテンカラのFS35・FS40を、渓の広さに合わせて使っている。この竿の難点は、長目のラインを使った際、尺物クラスが掛かると竿の先端部が柔らかすぎるのか、最後の取込時にコントロールが利かなくなるのが気になる。(ただ、他の竿を使っている頃は、尺クラスの大物を掛けた記憶がなく、他の竿に比べての事ではない。)他の竿は、予備竿として常備しているが、ほとんど出番がない状況です。

2020年、長年使った竿を総入れ替え

かれこれ20年使ってきた竿も、メーカのパーツ在庫もすでに無くなり、オークションでパーツ取り用のジャンク品や、安く出品された同型のモデルを落札してパーツ取りをしてこれまで使い続けてきました。

昨シーズン折ってしまったSZテンカラとパーマークのテンカラ竿が安価で出品され、パーツ取り用に入手するか、どうするか悩んだ末、型落ちのNEOテンカラの長さと調子の違う物を4本入手してみました。

現行モデルでは調子が1種類(ミノムシ除く)になっておりますが、前モデルは5:5調子のLLと7:3調子のLTの2モデルあり、LL32、LL36、LT33、LT36の4本を入手してみました。

シーズン後半まで使用してみましたが、どうも自作のテーパーラインとの相性が悪いようで、ラインが思ったように伸びてくれず、シーズン終了前にお蔵入りとなりました。

2020年シーズン終盤 、自作テーパーラインに合う竿を求めて

シーズン終了前に、「木村屋」の郡上テンカラを購入し、シーズン最終釣行で使ってみる。今まで愛用していたSZテンカラは先調子で、竿のスピードでラインを飛ばす感覚でしたが、木村屋の郡上テンカラはクナンクナンの6:4調子で(以前使っていたαビッグのハイパワーアクションよりも柔らかい印象)、スローに竿を振って、竿のしなりでラインを飛ばす感じの竿です。今までのように、力いっぱい竿を振らなくても、軽く後方に竿を振ると、後方にしなった竿がするするとラインを前方に押し出してくれ、狙った場所までラインを運んでくれるという感じの竿です。

3.3mと3.8mをそれぞれ1本ずつ手に入れてみました。3.8mは檜枝岐の本流でロングラインを振ってみたところ、振っていて疲れるのと、グリップに近い元竿部分が柔らかすぎるのか、振込み時のコントロール性が悪く感じられました。

また3.3を、源流域で長めのラインを結んで使用してみましたが、魚が掛かった際、魚を寄せるために竿を立てた時、竿先だけが曲がってしまい、胴の部分で力を受け止められず、コントロールが効かなくなり、使いづらさが感じられました。

2021年、シーズン前に竿を追加

そこで、更に源流釣行用にシマノパックテンカラを購入。石垣教授監修という事と、藪沢でも扱いやすい短さの2点で選びました。 仕舞寸法が41cmと短いため、継数が10本。そのせいか元径が13.7mmと結構太目。仕舞寸法をそんなに短くしないでもザックに入るので、継数を少なくして細身にした方が良いと思います。 2ヶ月待ちで届いた竿に自作テーパーラインを結んでキャストしてみる。んーっ、これも思ったようにラインが飛ばない。しかし、これは藪沢用の竿なので、大丈夫。

そして、更に本流用にパックテンカラの兄弟分、シマノ渓流テンカラを追加購入。しかし、誤算が…
仕様書をまともに見ていなかったので、届いた品物を見てビックリ!仕舞寸法が長すぎ!仕舞寸法が70.5cm。この長さでは、ザックを背負っていくような場所には持っていくことが出来ない。
しかし継数が7本と少ないので、元径も11mmと細身です。

シーズン前から、数回管釣り通い、竿の振り心地や、魚とのやり取りのしやすさを確認し、いよいよシーズン突入。
小渓で、郡上テンカラとパックテンカラを交互に使ってみるが、レベルラインを結んだパックテンカラより、自作テーパーラインを結んだ郡上テンカラの方が、好成績。藪沢には向かないと思っていた郡上テンカラも、短めのラインを使う事で、藪沢にベストな竿だとわかりました。
ブッシュに毛鉤を引っ掛けた時の回収率が向上。これはキャスティング時のラインスピードが緩いおかげ。使ってみての発見です。
合わせ切れの減少。固い竿で短めの仕掛けを使うと、びっくり合わせで合わせ切れをしていたが、竿が柔らかいので、強く合わせても、竿が吸収してくれる。

木村屋の郡上テンカラの使い心地 | 山本家のいなか暮らし
昨年の9月、佐々木伝承毛鉤店のサイトで見つけた木村屋の「郡上テンカラ」。何となく気になり、長さ3.8mを入手し […]
Generated by Mj

2021年後半、テンカラ蒼流がやっと届く

Amazonで販売されていた木村屋のテンカラ蒼流という竿が気になり、入荷未定となっていたが、ポチッと注文を入れてみる。2カ月程待ってみるも、一向に届く気配がないので、生産自体がされていないのか?と思い、メーカーの木村屋に問い合わせてみると、在庫はあるとの事。Amazonをキャンセルし、藪沢用に3.3mを注文。7月の連休明けに私の手元へと届く。

竿の銘は垢抜けた感じでなかなか

届いた竿を伸ばして振ってみると、かなり固く感じる。SZテンカラと同じ7:3調子(メーカー値)だが、かなり固め。

釣行でさっそく使ってみるが、郡上テンカラの調子に慣れてしまってるせいもあるが、今まで使った竿の中で一番固く感じる。今まで使った竿の中ではスズミの天空テンカラが一番固い竿で、この竿はレベルラインすら飛ばせない竿(フライライン専用だった?)でしたが、それに匹敵する固さです。

自作テーパーラインを結んで竿を振ってみると、毛鉤が矢を射ったかのように「ピューン」と飛んで行く。そんな感じです。
ロングラインを結んで、開けた渓で振ってみましたが、自作テーパーラインも思った通りに伸びてくれる竿でした。
あとは、魚が掛かった際のコントロール性がどうかという事。これは管釣りで確かめてみるつもりだが、これだけ固い竿ならば問題はなさそうです。

2022年シーズン前、自分好みのテンカラ竿がやっと揃った

’22年シーズン前に、ロングライン用にとテンカラ蒼流の3.8を竿平に注文しようかと思っていたところ、Amazonに在庫が入っていたので、思わずポチリ。これで無事に竿のラインナップが揃いました。

木村屋のテンカラ竿

管釣りにてテンカラ蒼流の操作性を確認しましたが、3.8mにナイロン2号の4-3本撚り5.5mの自作テーパーラインの取り回しも合格。大物とのやり取り~取り込みも竿がしっかりしていて、ストレスなく取り込めました。これで2年間探していた本流用のSZテンカラの後がまがやっと見つかりました。

テンカララインと竿の相性について

この20数年で、テンカラ竿もかなり変わっておりました。20数年前のテンカラ竿もレベルライン用・テーパーライン用・ロングライン用など、用途別のモデルに分かれてはいましたが、専用というわけではなく、テーパーライン用モデルでもレベルラインも飛ばせましたし、オールラウンダーでした。 そんな感覚で、現在のモデルを購入してみたら「あら大変!」今のテンカラ竿は、ラインに合わせた専用設計になっているようですね。前モデルのダイワのNEOテンカラは、レベルライン用のモデルもそうですが、レベル&テーパー用のモデルでも、自作の軽いテーパーラインはかなり飛ばしづらいという事を痛感した次第です。

現代のテンカラ竿は、その竿に合ったラインを使うことで、その竿のポテンシャルを発揮できるようです。

初めての竿を選ぶなら

これからテンカラ釣りを始めてみようかな?と思って竿を選んでいるのならば、最初の1本は、主要メーカーのレベルライン用テンカラ竿がおすすめです。

現在の主要メーカーのテンカラ竿のラインナップは3メーカーで8アイテム。更に調子・長さの違いがあるので初めての方は竿選びに悩んでしまうと思います。 メーカー選びは、自分の好きなメーカーで良いと思います。竿の長さは最初は3.3m位の長さのレベルライン用の竿がオススメです。ラインの長さ調節で、大場所にも対応出来ますし、ブッシュの多い所では短い竿の方が扱いが楽です。より糸のテーパーラインはライントラブルが面倒なので、レベルラインがおススメ。最近は巻きグセが付かないレベルラインが販売されています。

現在発売されている主要メーカーのテンカラ竿(2021/4/1現在)

ダイワ
  • マスター テンカラ L
  • エキスパート テンカラ L
  • エキスパート テンカラ LT
  • エキスパート テンカラ
  • NEO テンカラ
  • テンカラ X
  • テンカラ RT
シマノ
  • BGテンカラ48NV
  • 本流テンカラ NP
  • 渓流(けいりゅう)テンカラZL
  • 渓峰(けいほう)テンカラNR
  • 天平(てんぴょう)テンカラNB
  • パック テンカラ ZW
  • メイストーンNW [Maystone NW]
がまかつ
  • がま渓流 マルチフレックステンカラ水舞EX

Menu



Top