キャンプ道具の補修・メンテ

テントのグランドシートの防水処理

レジャーシート替わりに

以前からグランドシート部分から雨水がしみだしてくる釣りクラブ所有のダンロップのテント。今回は思い切ってグランドシート部分の防水処理をすることにしてみました。

用意した物

ホワイトベアー テント用防水液
amazonでお取り寄せ

ホワイトベアーのテント防水液
ホワイトベアー テント防水液
Amazonで¥2768也・・・
送料無料
コーティング剥離用に重曹

作業手順

テントのグランドシート部分

グランドシート部分のコーティング&シームテープを剥がすために3日程重曹を溶かした水に浸けておきました。
ダンロップのテントはグランドシート部分のコーティングはしていないようで、変化なし。アイロンでしっかり融着したシームテープ部分は重曹水の中でこすり洗いをすると、概ね取れてくれました。

ホワイトベアーのテント防水液

今回使ってみたのは、ホワイトベアーのテント防水液。1リットル缶で4㎡塗れるようです。とりあえず3人用のテントなら楽勝でしょう。

テント防水液の注意書き

使用は屋外でと注意書きにあるので、ベランダの物干しにテントを掛けて作業することにする。

防水液は白い乳液状

缶の蓋に防水液を開けて、スポンジに浸み込ませてグランドシート部分に塗ってゆきます。
物干しにぶら下げたのは失敗です。やはり地面に広げて塗れば良かったと後悔。

グランドシート全面に塗布完了

グランドシート部全面に塗布完了。しばらく乾燥させました。

スポンジがボロボロ

塗布に使っていたスポンジがボロボロに・・・

塗った部分は白く粉吹き状態に

1時間程放置したら、概ね防水液が揮発していたので取り込む。

粉吹き状態の塗布面

粉吹き状態の塗布面。
注意書きには「白くなっている部分はドライヤーの熱風を当てると目立たなくなります」と書かれていたので、ドライヤーを当ててみると・・・

DSC_1099

白い部分が溶けて生地に吸い込まれていきました。

パリッと仕上がりました

塗布面を丁寧にドライヤー掛けしていくと、白い粉吹き状態は解消。グランドシート部分もパリッと仕上がりました。
あとは縫い目にシームテープを当てれば完璧ですが、この防水液の効果を測るために、シームテープ無しで次回のキャンプ釣行に使ってみたいと思います。

防水液使用後の効果

DSC_1177

その後フライシートにも防水剤を塗布し、シームテープもすべて張り替えてリペアを終えました。
先日のキャンプはずっと雨降りの1日で、防水剤の効果を確認するのにもってこいの状況でした。
まず、グランドシート部分の防水効果ですが、グランドシート下に水が流れ込まないように、回りより高い場所にテントを張ったおかげもあり、グランドシート部分からの浸水はありませんでした。
しかし、フライシートは結露なのか雨漏りなのか?裏面が思いっきり濡れて、水滴が落ちてきました。表面の撥水機能が全くないので、撥水剤の塗布が必要なようです。

Comment

Menu

Top