テンカラ仕掛け

ゼンマイ胴エルクヘアカディス

Comment : 0

ゼンマイ胴エルクヘアカディス

永年使ってきた目立ちヘアカディスですが、ゼンマイの綿毛を手に入れたので、エルクヘアカディスにも使ってみる事にし、目立ちヘアカディスを改良してみました。
エルクヘアカディスと言えば、水面上に浮かせるドライフライタイプですが、実践で使っているうちに水分を含んで沈んでしまいますが、その沈んで流れるエルクヘアカディスにも岩魚は好反応なので、これを機会にインジケーター替わりに使っていたエアロドライウィングを外し、ボディーハックルにオーストリッチハールを巻いてみました。先日行った増水の2017年7月29日檜枝岐釣行で使ってみましたが、結果は上々。
いつもだと増水濁り気味の水況には、逆さ毛鉤の実績が高いのですが、このゼンマイ胴エルクヘアカディスで良い思いをしました。まだ実釣では1回しか使用していませんが、今シーズン残り2回の釣行でも釣果を確認していきたいと思います。巻き方は普通のエルクヘアカディスと同様ですが、巻き方を紹介します。

材料

  • フック:ティムコTMC102Y #15
  • エルクヘア
  • スレッド:クリーム8/0
  • オーストリッチハール
  • ゼンマイの綿毛

毛鉤の巻き方作業手順

  1. フックにスレッドを下巻きします。アイの方から鈎先へ向かって巻きます。
    ゼンマイ胴エルクヘアカディスの巻き方その1
  2. 胴部分の下部まで巻いたら、胴の下部位置にボディハックルとなるオーストリッチハールを固定します
    ゼンマイ胴エルクヘアカディスの巻き方その2
  3. ここにゼンマイ胴の綿毛をボディー材として巻いていきます
    ゼンマイ胴エルクヘアカディスの巻き方その3
    ゼンマイの綿毛は毛足が短いので、普通のダビング材に比べてスレッドに撚りつけるのが難しいです。
    ゼンマイ胴エルクヘアカディスの巻き方その4
    こんな感じにスレッドに撚りつけられれば大丈夫
    ゼンマイ胴エルクヘアカディスの巻き方その5
  4. ゼンマイの綿毛をボディーに巻いていきます
    ゼンマイ胴エルクヘアカディスの巻き方その6
    ゼンマイ胴は巻くのが難しいので、こんな感じに巻ければ上等です。
    ゼンマイ胴エルクヘアカディスの巻き方その7
  5. ゼンマイ胴の上にボディーハックルのオーストリッチハールを巻いていきます。大体5回転位です。
    ゼンマイ胴エルクヘアカディスの巻き方その8
    ボディーハックルが巻けたら、スレッドで巻いて固定します。
  6. 次はエルクヘアの下準備です。切ったエルクヘアは根本に綿毛があるので、それを取り除きます
    ゼンマイ胴エルクヘアカディスの巻き方その9
    私は使い古した歯ブラシで、綿毛を取り除いています
    ゼンマイ胴エルクヘアカディスの巻き方その10
    ヘアースタッカーで毛先を揃えて
    ゼンマイ胴エルクヘアカディスの巻き方その11
    エルクヘアの下処理完了です
    ゼンマイ胴エルクヘアカディスの巻き方その12
  7. ヘアースタッカーからエルクヘアを取り出して、フックに添えてエルクヘアが動かないように指で押さえつつ、スレッドで3回程巻いてから、ギュッと締めます。
    それだけだと、完全に固定出来ていないので、スレッドを切れない程度の力加減で引っ張ったまま、エルクヘアを軸に沿って小刻みに回転させるとしっかり固定できます。
    ゼンマイ胴エルクヘアカディスの巻き方その13
  8. しっかり固定できたら、更に5~6回巻きます。
    ゼンマイ胴エルクヘアカディスの巻き方その14
  9. アイの方のエルクヘアを指でめくり上げ、スレッドを巻いてヘッド部を作ります。
    ゼンマイ胴エルクヘアカディスの巻き方その15
  10. スレッドをハーフヒッチで固定します。
    ゼンマイ胴エルクヘアカディスの巻き方その16
  11. 固定出来たら、頭の部分のエルクヘアを切り取ります
    ゼンマイ胴エルクヘアカディスの巻き方その17
  12. 余分なスレッドを切り取り、結び目に接着剤の付いたダビングニードルを当て接着したら、完成です。

Comment

Menu

Top