釣行翌日のヘロヘロ具合が違う。杜仲葉+高麗人参+コラーゲン、日頃の健康維持に!Collagen優芳舞

渓流釣りレポート

2017年7月29日檜枝岐七入釣行

Comment : 0

テンカラの盛期を迎えて

今年2回目の七入釣行。台風の影響で天気予報は関東一円どこも傘マーク。今回も場所は七入と決めておりましたが、前日メンバーのスージーから場所変更の提案が・・・
ボスに誘われたスージーがフライフィッシングの道に足を踏み入れたのはかれこれ10年前の事。それまでは、道具にもあまりこだわりがなかったのだが、去年あたりからロッドやら小物をこまめに買いだし、フライフィッシング熱に10年の歳月を掛けてようやくかかったようです。

スージーの意向を汲んで各方面の天気を調べるが、台風の影響でどこも似たり寄ったりの天気。現地のサトーさんに現地の状況を聞くと「水量は毛鉤釣りにはちょうどいいよ。天気は知らないけど」との回答。
知らない所に行くよりは、勝手知ったる場所の方が得策と判断し、山の天気がはずれる事を願って七入へ。

ゼンマイ胴エルクヘアカディス
ゼンマイ胴のエルクヘアカディス

前回の釣行では逆さ毛鉤とパラシュートを巻いて持っていったが、エルクヘアが在庫残り僅かだったので、前週の休日にせっせと巻いてみました。
いつもはボディーにオーストリッチハールを巻いた物を使っていたが、毛足のちょうど良い物が無くなってしまったため、今シーズンから試しているゼンマイの綿毛を胴に巻き、その上にボディーハックルとして、毛足の長いオーストリッチハールを巻いてみた。このタイプは浮力が弱いので、もう1種類、ボディーに浮力抜群の番犬クロの毛を巻き、ボディーハックルにグリズリーを巻いたエルクヘアも巻いて、毛鉤の準備は完了です。

増水で実川の水はカフェオレ色
実川の水はカフェオレ色~

朝方七入に到着し、仮眠を取るが、天気が良ければ夜明けと共に目が覚めてしまうのだが、一晩中降り続く雨で空は真っ暗。目が覚めると7時を回っていた。
キャンプ場の前の実川の流れも雨の降りと共にどんどん茶色に濁っていき、9時過ぎには全面カフェオレ色に・・・。

雨の影響の少ない沢を狙ってみるが

雨の中、釣り支度をする
ボスは今日も動く気配無し

朝食を摂り終えると、スージーは早速釣り支度を始める。フライフィッシング熱に侵されたスージーにご所望の場所を譲り、雨が降ってもそれほど水量の変化のない硫黄沢に出合いから入ってみることにする。
雨の降り続く中、カッパを着こんでキャンプ場の端から硫黄沢出合に行ってみると、水量が半端ない。水も濁って本流と同水量くらいの水の勢いで対岸へも渡れそうにもない。行くか行くまいか、しばらく考えて撤退。
仕方がないので、登山道を歩いて普段は水量の少ないA沢へ向かう。

小沢も増水で茶色に濁っている
水の色が麦茶色のA沢

いつもならスネ位の水の流れのA沢だが、上流で相当雨が降ったのか、水量が深い所で股下近くまで増水している。水は完全には濁っていないので、準備をして竿を出してみることに。
まずはゼンマイ胴のエルクヘアをハリスに結んでみる。
流れが強いので、ポイントが少ない。脇のタルミに毛鉤を落とすと「ピシャッ」と岩魚が出た。合わせて流れから抜き上げると25cm程の天然岩魚。

たるみに潜んでいた25cmのイワナ
A沢の天然岩魚

続けてもう1匹、同じようなタルミで岩魚を掛ける。雨で写真を撮っている場合ではない状態。ここで、クロの毛カディスを試してみることにし、毛鉤をチェンジ。
ウエーダーでは多分遡行は困難な、水量の多い沢を慎重に渡りながら遡行する。クロの毛カディスは岩魚には不評のようで、そこから当たりはパッタリと止まった。

ヤマオダマキの花
山の中に咲いていたヤマオダマキ

1時間程釣りあがったが、ここから上は普段から流れの激しい場所になるので、これ以上は無理と判断し、沢を下る事に。
流れの強い沢通しで降りるのは危険と判断し、それほどの距離は遡行していなかったので、沢沿いに藪をこいで沢を下る。先ほどまで降っていた雨も止み、薄日が差し込み始めるとカッパを着こんだままだと汗だく。お昼前にキャンプ場に戻る。

雨は降り続いているが、濁りが取れつつある実川の流れ
朝よりは水の濁りが薄くなってきた

テントに戻ったら、汗をかいた体にプシュっと水分(アルコール)補給。
しばらくすると、スージーも戻ってきました。はるばるY沢まで行ってきたようです。いつも通りのエルクヘア#15番を使っていたようですが無反応で、最後にビーズヘッドへアーズイヤーの沈め釣りで立て続けに3匹程イワナをゲットしたようですが、空合わせで釣れていた状態でイマイチご不満顔。
昼食にソーメンを食べながら空模様と川の様子を見ているが、朝よりは濁りは収まったもののまだ実川本流で釣りをするのは厳しそうだ。

雨にもマケズ、増水にもマケズ・・・スージー出撃

相変わらず降り続ける雨
キャンプサイトから水況を眺める

雨は降っているが、濁りが取れてきているので、上流ではそれほど雨は降っていないのだろう。
フライフィッシング熱に侵されたスージーはそうめんのお替わりを平らげると、水量の多さにも負けず、ティペットにマーカーを取り付け出撃。キャンプ場前の増水した流れをニンフの釣りで攻めるようだ。
この水量では七入駐車場下も厳しそうなので、私はタープの下でボスと酒盛りをすることにし、しばし様子を見る事に。

雨の中キャンプ場前を探る
ウエーダーでは流れを越える事ができない

いつもならキャンプ場下の流れをひっきりなしにフライマンが上がってくるのだが、さすがにこの水況・天気では釣り人の姿は見かけない。
焼酎に手を出して本腰を入れて呑み始めて1時間位経ったろうか。下流の流れに人影発見。スージーでした。
奥の流れの方がポイントが多いのですが、流れが強くて渡れなかったようで、岸沿いに釣り上がってきました。

強い流れに撤収
一旦丘に上がるが・・・

ウエーダーでは深い流れで上がれないのか、護岸をよじ登ってきたスージー、もう終了かと思いきや、まだ満足できてないようだ。テント前まで来ると階段を降りて、テント直下の流れを攻めはじめる。
手前の流れは増水していて流れが速すぎる。今日の水況で狙うなら、流心の対岸側の緩い流れなのだが、スージーのウエーダーでは流れに立ち込めず、手前の早い流れを探って終了。
増水した本流はスージーに微笑んでくれなかったようです。

オイシイところ頂きました

夕マヅメにテントサイト前でテンカラ釣り
本命ポイントは対岸際の緩い流れ

このまま飲んだくれていたら、晩飯の支度の前に出来上がってしまいそう。水量も落ちてきたので晩飯前にちょいと腹ごなし。スージーの手が届かなかった対岸を探ってみることにする。
ちょいと飲みすぎで足元が怪しいが、階段を降りてだいぶ濁りの薄まった流れに足を浸ける。晴れていれば気持ちいいのだが、曇天模様だと足が冷ゃっこい~
午前中の小沢は1.5m程のレベルラインの釣りでしたが、本流なので2ヒロ半のテーパーラインに、ハリスも1ヒロ。毛鉤は午前中にも岩魚に好評だったゼンマイ胴カディス#15を結んで準備完了。

Photo_2/2
ヒットぉ~
おっしゃ、喰った~
Photo_1/2
奥の溜まりめがけて
対岸のタマリめがけて

ザバザバと膝上程の水量の流心を越え、対岸のタルミに毛鉤を打ち込む。
平水の晴天時にはほとんど狙う事のないような浅いたまりに毛鉤を落とすと、鏡のような水面に小さな波紋が立った。
合わせると、魚の手応え。幸先良いスタートです。魚を寄せたらラインを掴んでたぐり寄せる。
足元でユラユラと流れに揺れる岩魚。あともう一たぐりというところで、パシャっと暴れられ、毛鉤だけが空しく手元に・・・

Photo_4/4
手元でポロリ・・・
またやってしもた~
Photo_3/4
長いラインをたぐり寄せて魚を寄せる
今度は慎重に・・・
Photo_2/4
ヒット!
2匹目ヒット~
Photo_1/4
気を取り直して次のポイント
ポイントを変えて毛鉤を流す

気を取り直して、対岸際の流れに毛鉤を打ち込んで岩魚の出るのを待ち構えていると、またすぐに2匹目が毛鉤を咥えに流れの中から顔を出した。
あまり強く合わせると、0.6号のハリスは簡単に切れてしまいます。ヒョイと合わせて2匹目ヒット!
今度は慎重に・・・と思いつつも、ロングラインなので最後は手で手繰り寄せるしか方法がない。酒の呑みすぎか?2匹目も手元まで寄せたところでハリが外れて逃げられる始末。
たも網買った方が良いかも・・・

3度目の正直でゲットした岩魚は久々の・・・

Photo_4/4
無事手中に収めました
やっと釣り上げることが出来ました
Photo_3/4
慎重に寄せて
頭が水面上に出たらひと安心
Photo_2/4
今度はバラさないように・・・
今度は逃さないぞ~
Photo_1/4
またまたヒット
またまたヒット~

対岸の際を丁寧に探っていくと、ボサ下にうまく毛鉤が入った。水深は浅かったがボサに身を潜めていたのだろうか、ポツッと水面に反応が出た。合わせると魚の手応え。今度こそはと手繰り寄せる。魚影の割には引きがイマイチで、ラインをたるませないように慎重にたぐり寄せる。
今度は水面に頭を出させるところまでハリスをたぐる事が出来た。手中に収めた岩魚は引きが弱かったくせに、結構良いサイズ♪放流物の良型岩魚でした。

尾びれの擦り切れた放流物だが尺オーバー

対岸の岸際をひと通り探り終え、緩い流れの筋も探ってみるが反応はなし。足も膝上まで浸かりっぱなしで冷えてきたので、そろそろ終了。
テントサイトに上がって、魚籠に収まった岩魚を改めて見ると、結構なサイズ。メジャーで計ってもらうと、尺岩魚でした。
放流物だったので、尾びれが擦り切れていましたが、尾びれが擦り切れでなかったら32~3のサイズでした。
久々の尺岩魚に満足満足。釣って間もないので、刺身にして美味しく頂きました。

雨の中、タープ下で焚き火

雨は朝方まで降り続いていましたが、タープの下で焚き火をして、イワナの刺身にビフテキと、豪華メニューの宴となりました。
釣りとキャンプを両方楽しめる七入オートキャンプ場ですが、来月8月の最終土日はキャンプ場で貸し切りイベントが開催されるようです。残念ながら来月は七入はおあずけです。

今回の釣果

午前中
状況:雨で本流はカフェオレ色。普段水量の少ない小沢も水量多く、ウェーダーでの遡行困難。
時間帯:9:00~12:00
釣果:  私>    岩魚 25cm×1匹・20cm×1匹
     スージー> 岩魚 20cm×3匹
使用毛鉤:私>    ゼンマイ胴エルクヘアカディス#15
     スージー> ビーズヘッドへアーズイヤー
午後
状況:降雨は続いていたが、本流も濁りが薄くなり水量も時間とともに落ちてきた。
時間帯: スージー> 14:00~16:00
     私>    17:00~18:00
釣果:  私>    放流岩魚30cm×1匹
     スージー> 撃沈
使用毛鉤:私>    ゼンマイ胴エルクヘアカディス#15
     スージー> ビーズヘッドへアーズイヤー
釣行翌日のヘロヘロ具合が違う。杜仲葉+高麗人参+コラーゲン、日頃の健康維持に!Collagen優芳舞

Comment

Menu

Top