テンカラ雑記

木村屋の郡上テンカラの使い心地

昨年の9月、佐々木伝承毛鉤店のサイトで見つけた木村屋の「郡上テンカラ」。何となく気になり、長さ3.8mを入手し、続けて3.3mもAmazonで注文。 昨年の9月から使い始め、オフシーズンの管釣り、大芦川のヤマメ釣り、盛期の岩魚釣りと、1シーズン使ってみての使い心地について書き記します。

佐々木伝承毛鉤店
テンカラ用の完成毛鉤店です。伝承毛鉤を中心に取り扱いしています。
Generated by Mj

自作ラインに合う竿が無い

そもそもテンカラを初めて二十余年、ダイワの「SZテンカラFS」を15年間愛用し、テンカラ釣りを楽しんできましたが、販売終了から10年以上過ぎ、将来的にスペアパーツの入手が困難になるのは明白。 そこで、思い切って愛用のテンカラ竿を総入れ替えしたわけです。最初に購入したのは、前モデルのダイワのNEOテンカラのLTとLL。 ちなみに私が使用している仕掛けは、ナイロンの蛍光ライン2号の4本撚り+3本撚りを繋いだ自作テーパーライン(開けた渓では竿の長さ+1m~3m)に、0.6号のハリスを1ヒロの比較的軽量で長めのラインを使っています。このラインをSZテンカラFS4.0の6:4調子で、ポイントに打ち込む感覚で使っていました。 NEOテンカラを手に取って、最初に感じたのは「竿が太い」という事。最初の試し釣りで、自作のテーパーラインを結んで竿を振ってみると、バランスの悪さに閉口。翌日は肩・首回りの筋を違えてしまいました。(決して竿が悪いというわけではなく、あくまで自作ラインとの相性の問題です。フロロのレベルでは全く問題ありませんでした。)

何気なく注文した郡上テンカラ

郡上テンカラ3.3 使い始めて1シーズン経たないうちに、別の竿の物色を開始し、まず目についたのがこの郡上テンカラでした。 入手してから初の9月のシーズン最終釣行の檜枝岐で、さっそく使ってみました。 支沢で3.3m、本流で3.8mを振ってみましたが、まず柔らかい竿というのが第一印象。さらに3.8mに本流用の重めのロングラインを結んで振ってみると、ラインの重さでキャスティング時に竿がぶれて、思った方向にラインが伸びてくれません。 しかし、支沢の釣りで3.3mの竿が絶好調で岩魚を連発し、郡上テンカラの評価がアップしました。しかしながら、取り込み時の竿先の柔らかさが仇になり、足元に寄せた魚がコントロール不能になるのがマイナスポイントに。

ロングライン用のテンカラ竿を物色するも

郡上テンカラでは、「本流でのロングラインは振れない」ということ、そして藪沢の釣りでは竿が柔らかすぎて使いづらそうと感じ、藪沢用にズーム機能の付いたシマノの「パックテンカラ」本流用に「渓流テンカラ」をオフシーズンに入手。
冬の管釣りで、郡上テンカラと共に、それぞれ試してみる。
パックテンカラ・渓流テンカラ両者とも、石垣教授監修の元レベルライン用に開発された竿で、パックテンカラと自作テーパーラインとの相性は☓、渓流テンカラは自作テーパラインも何とか飛ばせるレベルで、購入した事を若干後悔。
ミッドクリークでは比較的大型のニジマスを釣ったが、渓流テンカラよりも、郡上テンカラの方が大物を掛けた時のやり取りが楽に感じた。渓流テンカラは胴部分だけで魚のパワーを受け止めている感じで、なかなか魚を寄せられなかった。
なので郡上テンカラは大きなサイズの魚が掛かった時、のされてしまいそうに思ったが、全く違った。竿全体が曲がり、魚のパワーを竿全体で受け止めてくれて、魚をスムーズに寄せられる。

竿と同長のラインで真価を発揮

テンカラ竿と岩魚5月末の渓流シーズン盛期、藪沢をパックテンカラで探る。竿と同長のフジノのストレートラインとの組み合わせは、毛鉤をピンポイントに打ち込め、非常に打ち込み時の毛鉤のコントロールが容易であることを実感。しかし出てきたのは小型の岩魚。
場所を変え、比較的開けた渓流へ。ここは郡上テンカラ3.3mに自作テーパーライン3.5mをセットする。水面上を流れるエルクヘアにも素直に出る岩魚。竿と同長のラインだと、27cmのサイズでも普通に寄せられる。

伝承系毛鉤と相性良し

久々のヒレピン尺岩魚6月末、5月末に行った渓にもう一度入ってみる。水面上を流れる毛鉤には激しく出て、毛鉤を咥えてはくれない。フライマンに責められたのか、水面上の毛鉤にスレてしまってます。毛鉤を伝承毛鉤に変え、パックテンカラ+長めのレベルラインで振ってみますが、ラインが重く、ラインを水面に付けておかないとバランスが取れません。なので、竿を郡上テンカラ3.3に変えてみました。仲間のフライマンと二人で遡行したのですが、エルクヘアには乗らなかった岩魚にも、伝承毛鉤を水面下に流すと自然に出てくれます。
さらに同じ流れの筋から岩魚が3匹、立て続けに出てきました。午後も別の渓で同じ流れの筋で尺岩魚を筆頭に連チャン。
今まで使っていた竿にはなかった釣れ方に、郡上テンカラの不思議な釣り心地に魅了されていきます。

藪沢でも問題なし

7月の4連休も色々なシチュエーションで郡上テンカラを使ってみました。
七入の硫黄沢の堰堤下では、今まで出たことのないポイントから、フワリと浮いてきて毛鉤を咥えた岩魚。ボサの多い藪沢での、短いラインで、魚を掛けた時の合わせも、柔らかい竿のおかげで、合わせ切れすることも皆無で、毛鉤の打ち込みのコントロール性も良かった。更に落ち込みのタルミに毛鉤を落とす釣りでも、そこかしこから岩魚が…たまたま今回が良かっただけ?

反応が良いのは、竿の柔らかさによるものなのか?

ゼンマイ胴伝承毛鉤で出た岩魚先調子の竿から乗り換えて、最初は郡上テンカラの竿の柔らかさに戸惑っていました。しかし、短いラインを使用することで、本来のこの竿の特性を生かせる事が、1シーズン使ってみてわかりました。 竿を柔らかくすることで、毛鉤を水面にソフトに着水させることができ、更に毛鉤を咥えた後も、魚を暴れさせない事で、他の魚に気づかせず、ポイントを荒らさない。これが郡上テンカラの特色なのかなと思っています。

モデルチェンジしない竿

木村屋郡上テンカラはAmazonが最安です

大手メーカーの竿は、頻繁にモデルチェンジしてしまい、スペアパーツの確保がネックになり、長く使い続ける事が難しいのですが、この郡上テンカラ竿はどうやら少なくとも20年はモデルチェンジしていないようです。 (Amazonのレビューより)
また、スペアパーツの価格も良心的で、竿の口栓を落とした時もすぐに手配してくれました。(金額は1,000円程と記憶)
1番(竿先)が1,760円、2番が2,356円で、サイトで販売されています。
長く使い続けられそうで、安心しています。

郡上テンカラの仕様・各部の作り

グリップ周りの造りは無骨な造りですが、竿を振っている分には全く問題ない造りです。また胴に巻かれたスクリュー状のカーボン糸の膨らみ部分で、塗装の色合いが微妙に変化していて、日差しに当たるとグラデーションの掛かった、ワインレッドの色合いが綺麗です。

渓流竿・清流竿・へら竿・鯉竿 淡水ロッド販売の 竿平
創業45年の実績。純日本製の釣り竿を製造している木村屋の淡水用ロッドをネット販売しております。渓流竿、清流竿、へら竿、コイ竿など様々な淡水用ロッドを販売しております。
Generated by Mj

細身で柔らかな調子ですが、決して軟弱な竿ではなく、ハリがあって大物が掛かっても竿全体でパワーを受け止める、独特な調子の竿です。テンカラ釣りを長く続けているベテランの釣り師にぜひ試してもらいたいテンカラ竿だと思います。

Menu



Top