父さんの部屋

ラーメン作りに初挑戦!

毎年正月には、実家に姉家族も集まり賑やかなお正月を過ごします。実家のお正月の定番と言えば、「おせち」ではなく親父の作るラーメンなのだが…
親父も年々歳をとり昨年の暮れには「今年はラーメンを作らない」と言い出した。
姉の旦那や甥っ子達が、親父の作ったラーメンのファンで、親父の味を受け継ごうと昨年暮れからラーメン作りにトライしてみました。

材料に関して親父に聞こうとしても耳が遠いわ、筆談してもまともな答えが返ってこないわで材料を揃えるのに一苦労。親父を連れて近所のスーパーへ買い出しに行くことに…
肉屋でスープ用の鶏ガラと豚骨、そしてチャーシュー用の豚肉を買うのだが、親父が言うには「脂身の少ない肉」としか言わない。とりあえず豚の肩ロース肉が焼き豚用にブロックで売っていたのでそれを3kg程購入する。

6時間経過…ちょっと長すぎたか?

6時間経過…ちょっと長すぎたか?


火にかけて、3時間経過…良い色になってきました。

火にかけて、3時間経過…良い色になってきました。


醤油・みりんの入った大鍋に豚肉を入れてストーブの上でコトコト煮る

醤油・みりんの入った大鍋に豚肉を入れてストーブの上でコトコト煮る

12月30日、買ってきた豚肉でチャーシュー作りにとりかかる。親父にチャーシューを煮るタレの配合を聞くと、「大鍋に醤油を2リットル、それにみりんを1カップ」で大丈夫との事だったが、ちょいとおまけに料理酒を1カップ投入する。
タレを張った鍋に豚肉を入れて、ストーブの上に乗せ煮立たせないようにじっくりと煮込む

柔らかなチャーシューの出来上がり

夕方6時まで煮込むと色はどす黒い色になってしまった。ちょっと煮込み過ぎたか?箸をチャーシューに刺してみると、スッと刺さっていく。大鍋からチャーシューを取り出し、出来具合を確認してみる事に…
一つを切ってみると、中までしっかりと煮えているが非常に柔らかい。熱々のチャーシューをスライスして味見♪かなり脂っこい!やはり肩ロースでは脂身が多すぎるのか?とりあえずこれで行くしかない。ボールに入れてそのまま放置しておく。

鶏ガラ・野菜を入れて寸胴鍋で煮る

12月31日大晦日、スープ作りに取り掛かる。
買ってきた鶏ガラと豚骨を下処理してから煮込みにかかるのだが、ガラは水から煮込むのか、煮立ってから入れるのか?親父に聞いてみるが、的を得た回答が返ってこない!
仕方がないので、ネットで調べてスープ作りにとりかかる。大きな寸胴鍋に1/3程水を入れて下処理した鶏ガラ、豚骨、臭み消しの為にショウガ、ニンニク、長ネギ、あとは人参、玉ねぎを入れる。
まずはガスコンロで強火で煮立て、アクをとりながらしばらく煮立てていく。アクが出るのが落ち着いたら、寸胴鍋をストーブに移し、お湯を追加して沸騰しないように一昼夜煮込んでいく

鶏ガラ・野菜でとったスープ

鍋から漂ってくるスープの匂いが親父の作るのとは明らかに違う。臭み消し用に生姜を入れたのが敗因か?生姜の香りが際立ち過ぎてしまっている。とりあえず1昼夜煮込めば変わってくるか???

自家製ラーメン

年が明けて元旦、姉家族がやってきた。さっそくラーメンをふるまうが…
やはり、「いつもと違う~」と一言。スープもコクはあるのだが、水っぽいというか奥行きがない。今年の教訓を生かして来年は上手く作りたいと思います。チャーシューの肉はモモ肉、スープは臭み消しの生姜、ニンニクを入れずに来年もトライしてみます!

Comment

Menu

Top