釣行翌日のヘロヘロ具合が違う。杜仲葉+高麗人参+コラーゲン、日頃の健康維持に!Collagen優芳舞

渓流釣りレポート

– 2014/3/29~30 – 山梨県都留市FishOn!鹿留

Comment : 0

久々の鹿留

DSC_3151
ランタンの灯り

子供の春休みに合わせて、今年も山梨県にある管理釣り堀に行くことにしました。メンバーはいつものメンバー+息子のコースケ。総勢5名となり、スペースギアのラゲッジスペースの仕切りを外したりキャンプ道具を絞ったりと、苦労して5名分の乗車スペースを確保し、スージー&鬼畜氏ペアの到着を待つ…
しかし、夜の9時を過ぎても連絡も無く音信不通!やっと10時過ぎになってスージーより入電、「今、仕事終わりました~。でも鬼畜氏がまだ掛かりそうで…」との事なので、待つかどうか考えたが、近場なので別部隊で現地集合となりました。

夜11時になろうとしているのに、首都高は大渋滞…
やはり春休みが影響しているのか?調布を過ぎたあたりからはスムーズに流れ始め、無人のキャンプ場に到着したのは日も変わった午前0時半。2時間半も掛かってしまいました。

DSC_3153
この前の大雪から1ヶ月、まだ雪が残っていた

キャンプ場に到着しテントを設営したら、星空の下で乾杯♪するも、やはりまだ3月なので寒くて長居できず、テントの中に撤収。シュラフに潜って一杯やりながら後発隊の到着を待つが、シュラフの温もりのせいで睡魔に襲われ2人の到着を待てずに就寝zzz…

朝方まだ外が暗い頃、ボスのいびきとすぐそばでエンジンを掛けている車の音でふと目が覚める。暗いので「もう一眠り」と思うのだが、車の音が耳に障って眠れない!
うとうとしていると、テントの中も明るくなっており、ボスがゴソゴソと寝袋から這い出す音で目を覚ます。

外に出ると見慣れた黒い車がテントの脇の一段上に止まっていた。
しゃくにさわったので、たたき起こしてやろうかと思案していると…
寝坊助のはずのスージーが車から出てきた。珍しぃ~

FishOn!鹿留へ移動~

DSC_3157
この辺りはまだ残雪がこんなに

午前7時前だが、鬼畜氏をたたき起こす。管理人がやってくる前にテントを撤収して本日の目的地のFishOn!鹿留に移動。昨晩お世話になった某キャンプ場を後にする。
去年は悪天候で中止したので、ここに来るのは1年半ぶり。以前は東京電力が運営していた管理釣り堀だが、原発問題で一昨年の秋から中古釣り具店のタックルベリーが運営を始めている。今日の入漁券も、地元のタックルベリーで前売り券を購入。近所の店で割引で前売り券を購入できるのは嬉しい事だ。

FB_IMG_13960487758048812

残念な事に、料金が若干値上げされていた。受付で前売り券と入漁券を引換てもらい、ついでにキャンプ場のチェックインも済ませる。以前はリボンの入漁券だったのが、首から下げる名札に変わっていた。名札ケースの保証金¥100円也を支払い、キャンプサイトに向かい、炊事場&トイレに近い場所を選びテントを設営する。
今回は5人なので、倶楽部所有の3人用テントと自前の2人用テントを設営。天気は何とか持ちそうなので、タープは張らずに春の鹿留を満喫する事にした。
今日は1日券を購入してあるので、腹ごしらえを済ませたら準備を整え釣り場へと足を運ぶ。

boss_DSC_0135

スージー&鬼畜氏はフライ、ボスは珍しく今回ルアー、父さんとコースケはお決まりのテンカラでトライ。午前中はまだ水温が低いせいか、毛鉤への反応が鈍い。とはいっても管理釣り場、魚はウヨウヨいるので活発な魚がチョコチョコと毛鉤を追ってくる。毛鉤は管釣り定番の逆さ毛鉤、山女魚用に巻いた逆さ毛鉤を使うのはもったいないので、毛鉤をせっせと巻いていた頃(15年位経つだろうか?)の、どうでも良い毛鉤を使う。まだドライには反応しないらしく、フライ組のスージー&鬼畜氏はオモリを噛ませてのニンフでの沈め釣りで、快調に釣り上げていく。

boss_DSC_0142

コースケも最初は竿の振り方を忘れて上手く飛ばせていなかったが、しばらくすると一人でプールを渡り歩き、大物を次々と釣り上げる。
雄鮭のようにイカツイ顔をしたニジマスを釣り上げニンマリ♪
お土産用には25cm程度の大きさが良いので、大物はリリースです。入れ食いではないものの、ポチポチ釣れるので2時間程で飽きてきた…
他のメンバーを残して一人キャンプサイトに戻る事に…

やっぱりこれでしょう~

DSC_3160

山間にある鹿留も、今日は春のポカポカ陽気~
クーラーボックスから発泡酒を取り出し、プシュ~と一杯。青空の下で飲むお酒はたまりませ~ん♪
コンビニで買ってきたつまみを食べながら、のんびりとした休日を愉しみます。
しばらくすると、酒の匂いを嗅ぎつけたか?ボスと鬼畜氏、そしてスージー&コースケもキャンプサイトに戻ってきました。

DSC_3163

お酒もぬるくなってきたので、冷やす事に…
そのためにドライアイスを大量に持ってきているのですが、今日は大雪の残雪が残っていたので、コースケに「雪を運んで来い~」と指令し、雪で発泡酒を冷やす。
一杯やっている鬼畜氏が何かを思い出したようで
「そうだ、コースケ君にいいものあげる!」と車の方へ…
何を持ってくるのかと思えば、懐かし~「パチンコ」だ!

DSC_3164

どうやら、自分の子供のおみやげに買ったらしいのだが、子供が見向きもしなかったので車の中に眠っていたらしい。最近独り車中泊でフラフラ各地を彷徨っている鬼畜氏が、子供のお土産にと買ったものらしい。
以前鉄腕Dashで「巨大パチンコでどこまで飛ばせるか」を見て、パチンコの事を知っていたコースケ。パチンコの飛ばし方を教えると、小石を拾って黙々とパチンコで遊んでおりました。

DSC_3165

昼食を食べながら酒を呑んでいると、みな腰が据わり…
釣りに来ているんだか、飲みに来ているんだか???
このまま飲み続けると、そのまま夜になってしまいそうなので強制的にお開きとし、午後はテントサイトの向かいにあるポンド(池)で釣る事にした。
約2名のおじさんは、電池切れでテントの中へ…
鬼畜氏に「起きてたらでいいから、3時になったら起こして~」と言って、寝袋いらずのテントの中で、気持ちよく昼寝~

DSC_3167

ふと鬼畜氏の「3時過ぎた!、風呂行ってこよっ」の声で目が覚める。鬼畜氏はそのまま車のエンジンを掛け、ブゥ~ンと行ってしまった…

時計を見ると3時半過ぎ。
「ったく鬼畜氏、冷たいよな!」と独りブツブツ小言を言いながら、テントを出てポンドのボス達の所へ様子を見に行ってみた。ポンドは当たりが渋いようで、コースケは釣り竿を放り投げて遊んでいた。

DSC_3169

1日券の終了時間まで、あと1時間ちょっと。
せっかく1日券を買ったので、コースケを連れて川の方へ釣りに行く事にする。午前中よりは反応が良くなって、1投ごとに魚の反応がある。
黙々と釣りをしていると、父さんのすぐ隣に、どこかのオヤジが来て釣りを始めた。「ったく、もう少し離れた場所でやれよ!」と心の中で文句を言いながら竿を振る。
「変なオヤジだな~」と思っていると…
そのオヤジが、釣り上げた魚を私達の魚籠に入れた!

szy_413
スージーが釣り上げた唯一のイワナ
(ポンドにて)

んっ、何だこいつ!と思っていると、「ドライでも出るようになりましたよ~」と、話掛けて来た。
聞き覚えのある声でやっと分かった!
変なオヤジの正体は鬼畜氏でした。
フロに行って全身着替えているし、グラスを掛けているので全然解りませんでした。
鬼畜氏に「3時になったら起こしてって頼んだのになぁ~」と、小言を言いつつ、アタリが遠のいて飽きかけているコースケを呼んで、毛鉤をパラシュートに交換してあげる。
早速コースケの打ち込んだパラシュートに魚が出て来たが、乗らずに空振り~
魚に遊ばれているうちに、時間終了の園内放送が流れた。

DSC_3173
重たい魚籠を持って、満足顔のコースケ

終了時間から20分以内に、入漁券を入れた名札ケースを返却しないと100円が戻って来ないらしいので、魚籠を引き上げてキャンプサイトに戻る事にする。
25cm前後の魚だけをキープしたが、5人で28匹の釣果。2家族分のお土産にちょうど良い塩梅でした♪

みんなそろって???

boss_DSC_0144
焚き火の煙って、なぜ人の居る方居る方に流れてくるの?

キャンプサイトに戻って片付けやら何やらしていると、だいぶ陽が長くなってきたとはいえ、辺りが薄暗くなり始める。
さすがに陽が落ちると、昼間あれだけ暖かかった気温もぐっと下がってきました。
やはりこの時期のキャンプには、暖を取る為の焚き火は欠かせないアイテムです。キャンプ場で薪を買うと目が飛び出る位高いので、奥さんの実家で貰って来た燃料用の薪を持ってきましたが、太さが腕の太さはある物ばかり。火付け用の薪が必要なのですが…

DSC_3175

コースケに薪拾いを命ずるも、キャンプ場の中には薪になるような物が殆ど見つからず、持って来たのは小枝ばかり。
仕方がないので、最終兵器の空き缶とホワイトガソリンを使って火を起こすが、さすがにこの太さの薪には、最終兵器のみでは歯が立たず…
何とか新聞紙を追加投入する事で着火に成功♪

焚き火にあたりながら、日帰りの釣り人達の魚の下処理が終わるのを見計らって、晩飯の準備を始める。

DSC_3176
ニジマスの下処理をするスージー&ボス

今晩のメニューは今日釣った「ニジマスのホイル焼き」と「鍋」、あとはつまみを少々。ニジマスのホイル焼きは、最近になって料理に目覚めたスージーに一任することに…
果して上手く出来上がるかな?
鍋の方は父さんが作るとしてと、鍋吊り用のトライポッドを車から出すと…
あらっ、鍋を吊るす鎖を忘れてきた!
仕方がないので代用できる物を物色していると…

DSC_3177

いい物みつけっ!「キャンプ場で拾ったペグ」
ちょうど元の部分が丸くなっているのでトライポッドのフックに引っかかるし、あとは先をクイッと曲げるだけで鍋吊るしの完成~
鍋を掛けて具材を投入して、煮えたら完成の簡単鍋。今日の味付けは去年の秋に使ってハマっている「鍋キューブうま塩味」。
鍋が煮えたので鍋を火から降ろし、今度はニジマスのホイル焼きを焚き火の上に♪
「鍋が煮えたから、食器出して~」と声を掛ける。

DSC_3179

すると、みんなそろって「コッフェル忘れた~」と、密かにフロントで買ってきた紙皿を出してきた…
汁物をすするのに、紙皿はちょっと厳しくない?
一人や二人分なら、ビジター用の予備のコッフェルがあるが、3人全員分あるかな???
何とかやりくりをして、5人分の鍋用のお椀を用意出来たが…
全員忘れてくるって…
スージーお手製のニジマスのホイル焼きも美味しく頂き、「さぁ後片付け」…
「洗剤も忘れた~」
忘れ物だらけの鹿留キャンプでした。

夜が明けて

DSC_3181

翌朝はテントに落ちる雨粒の音で目が覚めた。予報は曇りのち雨だったが、朝から雨が降ったり止んだりの空模様。
本降りにならないうちに屋根のある炊事場にキャンプ道具を移動する。
いつもは一番に起きて焚き火をしているボスだが、今日は薪が無いから?なのか、遅めの起床。焚き火台に残る灰をかまどにあけると、種火が残っていたのでそれを使って炭を起こす。
雨の合間を狙ってテントを撤収していると、スージーと鬼畜氏もテントから出て来た。

DSC_3182

テントの撤収が完了したので、雨が本降りになっても問題無し!
あとはのんびりと、昨日の食材の残りを使ってスープを作る。豚肉とキムチが残っていたので、ごま油で炒め、そこに水を注いだら使い残しの塩ラーメンの粉末スープを少々…
最後に長ネギを入れて、豚キムチスープの出来上がり。
あとは、ハムとチーズを挟んだパンをアルミホイルに包んで炭火の上に♪
キムチスープとホットサンドのとり合わせはアンマッチでしたが、個々の味は上出来でした。

DSC_3183

撤収を完了して、近くの温泉に行って焚き火の匂いを洗い流す。
また、ここで忘れ物発覚!
温泉のフロントで、タオルを2枚購入で、400円の無駄遣い…

温泉を出ると、本降りの雨となっておりました。

釣行翌日のヘロヘロ具合が違う。杜仲葉+高麗人参+コラーゲン、日頃の健康維持に!Collagen優芳舞

Comment

Menu

Top